効果的な学習方法

受験準備

コンクリート技士を受験する方へ

 

コンクリート技術者を対象とした資格には様々なものがありますが、コンクリート技士はもっとも基本的なレベルに位置づけられる資格です。

皆様は、これから、いろいろな資格に挑戦していくことになると思います。その最初の一歩がコンクリート技士です。

「砂上の楼閣」という言葉もありますが、堅固な基礎を築くことが大切です。
このことが、将来、大きなアドバンテージになるという事実を励みにしてください。

じっくり腰をすえて(つまり、時間をかけて)、充実感を覚えるほどに学習されることをお勧めいたします。

コンクリート診断士を受験する方へ

コンクリート診断士を受験する方へ

皆様の多くは、すでにコンクリート技士他の資格を取得された方です。つまり、基礎を習得済みの方々です。にもかかわらず、毎年80%もの受験者が涙をのむという現実は、何を意味しているのでしょうか?

合格水準が明らかにされていない以上、厳密に分析することはできませんが、1つの原因として、受験準備が不足しているということは考えられないでしょうか。

今後も合格率が、極端に変化することはないと思われます。そうだとすれば、何らかの資格を有する受験者であっても、80%もの方が合格することはできないのです。

平均的な受験者が、どのくらい準備するのかを考えてみましょう。テキストを数回読み、過去問を数回解く、というところではないでしょうか。

この中から合格できるのは20%ではありません。少数のエキスパートだけです。このほかの合格者は、これ以上の準備をして臨んだものと考えざるを得ないのです。

これから導かれる結論は、標準的な受験者が合格するためには、平均以上の準備をしなければならないということです。

学習教材

受験準備をするためには、学習教材が必要です。
準備期間や実力に応じて、適切な教材を選択するようにしましょう。優先順位の高いものから挙げてみます。

テキストと過去問

テキストと過去問

これらは、もっとも重要な教材です。
テキストは知識を習得するためのもので、過去問は出題レベルを確認し、あらかじめ出題形式になじんでおくためにも必要なものです。
最低限の教材ということができます。

コンクリート技士試験では、特定のテキストが定められていませんので、参考書の中から適当なものを選んで学習する必要があります。

コンクリート診断士試験では、下記のテキストが用意されています。書店でも購入できますが、講習会の受講者には配布されますので、別途入手する必要はありません。

コンクリート診断技術[基礎編]、[応用編]  (日本コンクリート工学会)

参考書や副読本

参考書や副読本

これらは、テキストや過去問による学習を補う存在です。受験準備の助けとなる書籍が、数多く販売されていますので、手にとって、気に入ったものを選ぶのがよいでしょう。体系的にまとめられている本を選ぶことがポイントです。

コンクリート技士を受験する方には、下記の書籍をお勧めいたします。技士の資格を更新する際、講習会を受講することが義務付けられていますが、本書は、その際のテキストとして用いられているものです。

コンクリート技術の要点  (日本コンクリート工学会)

その他の教材

民間企業が主催する講習会、記述式問題の添削指導、eラーニング教材などがあります。
必須の教材ではありませんが、上手に活用すれば期待以上の効果を得ることも可能です。
その内容を簡単にご紹介しましょう。

1.講習会
 
1日、あるいは2日程度で行われる講習会を受講し、試験のポイントについて集中的に学習するものです。
重要項目を絞った学習ができること、直接、講師に質問できることなどがメリットです。
学習時間を十分に確保できない受験者には、即効効果のある学習方法です。
費用は様々であると思われますが、数万円程度であることが多いようです。
2.記述式問題の添削指導
 
コンクリート診断士や、コンクリート主任技士などの記述式問題対策として提供されているサービスです。

自分が書いた論文を第三者の目で評価してもらえること、マンツーマンでアドバイスしてもらえることがメリットです。
自分自身で客観的な評価を行うことは難しいですが、他人に指摘されることによって、有効な気づきが得られる学習方法です。

費用は様々であると思われますが、職場の上司に協力してもらうことなども考えられます。
3.eラーニング教材
eラーニング教材
比較的、新しい形態の学習教材です。

よくわからない点や、疑問点は、その都度メールなどで質問することができます。つまり、単なる独習とは異なり、具体的な質問をすれば、具体的な回答を得ることができます。

録画したビデオを用いるもの、講義と例題などで構成されているもの、問題と解説だけのシンプルなもの、などがありますが、いずれもインターネットと接続したパソコンを利用することによって提供されるサービスです。
多くの場合、教材の一部が無料提供されているので、試用してからサービスを受けるかどうか決めることができます。
基本的には、テキストや過去問を用いて独習する学習方法と変わりませんが、メールなどで質問できる点が大きなメリットです。
インターネットに接続したパソコンがあれば、いつでも、どこでも、何度でも利用できることもメリットです。
テキストを読み、過去問を解いても70〜80%の受験者は合格できません。
この事実は、何かが足りないことを意味していますが、基礎的な問題や実践的な問題を数多く解くことによって、プラスアルファを引き出せる可能性があります。
そこそこ勉強してみたものの実力がつかない、不得意分野を克服できない、合否の当落線上にいる気がする、自信をつけたい、最終チェックをしたいというような受験者が積極的に臨むのであれば、合格のための助っ人となりうる学習方法です。
費用は様々であると思われますが、比較的安価な教材も提供されています。
eラーニングはこちらから お問合わせはこちら